フリーランス漫画家の裏日記

とあるアイドル好きの漫画家の日記とちょっとしたぼやき。

夏コミ&コミティアありがとうございました

ご無沙汰してます。
夏コミとコミティアが終わり、無事事故もなく新刊を出し終えて少しホッとしている私です。
両日ともスペースに来ていただいた皆様、ありがとうございました。
相方のめいかさんや車を出してくれたヲタ夫もほんとうにありがとう。

夏コミのお礼

夏コミの新刊はこんなものを出しました。
indigoproducts.booth.pm


TIF2017で見たものや、sora tob sakana東京女子流そしてあんじゅれのありえるを応援したい気持が最高潮に達して、その気持ちを消化するための本でした。
この本を出すためにラフをたくさん書いたり特集のアイデアを出したり色々試行錯誤していたんですが、アイドルの楽しさや自分が見せてもらった思い出をうまく伝えられないなとか、上から目線に見えそうで嫌だなとか、キャッチーさより自分の言葉をよみやすいかたちで人に広めるほうがいいんじゃないかなとか、まあオタクらしくギリギリまで相当悩んで全部ボツにしました。結果、全編手描きエッセイという時代を逆行したイラストと手描きテキストの本になりました。
オタクの方にたのしんでもらうのはもちろんなんですが、通りすがりのコミケに来た方にもある程度たのしんでもらえる本づくりをしたいなという気持ちが常にあって、そのバランスに悩んでいるうちに締め切りが近づいたりして本づくりは難しいです。でもせっかくコミケなんだから、たのしんでやりたいし、思い出が素敵すぎて本にすることの意味について悩んでしまったので、気楽に楽しめたらいいなという反省でした。
また、ブースにいらしてくださった皆様とお会いできたのも嬉しかったです。今回は女性の方がいつもよりご挨拶にきてくれる率が高くてすごくときめきました(もちろん男性もうれしいよ。ときめきはないけど)NOTでごいっしょしたおどPさんがいつも水もって遊びにきてくれるのでもうマブダチじゃないかって感じてます。(勝手に)ヲタ夫婦を知って会いに来てくださった方や、推しの近況を教えてくれる方、そういうかんじのしゃべり場になっていて、コミケは仕事のサイン会やトークイベントと違ってゆるく交流できることが凄く楽しいです。
同人活動をしていた時よりずっと多くの色んなジャンルの方と知り合えて、それがコミケという場で可視化されて夏の忘年会みたいで嬉しいなあと思いました。

余談ですが私は風間玲マライカさんが大好きです

コミティアのお礼

コミティアでは今私がハマっているアイドルマスター.KRについてのこんな本を出しました。
indigoproducts.booth.pm

アイドルマスターKRは、Amazonプライムビデオで見ることができるドラマで、視聴者投票で選ばれて厳しい合宿やレッスンをパスしたRealGirlsProjectというグループの女の子たちが出演しています。
私はアイマスのことをほとんど知らなくて、友達の影響で一度DS版をプレイしたことがあるけど音ゲーが下手すぎて断念したくらいで、ずっと女性アイドルばっかり見てきました。
そんな私がなぜアイドルマスターKRにハマったのかというと、KPOPアイドルが好きだったことと、ゲームではなくドラマから入れることが入りやすかったからです。
私は以前はKARAや少女時代、A Pinkが好きで長くペンだったこともあったんですが、韓国のアイドルは日本のアイドル以上に短命で、今しかあえないということが結構頻繁に起こり得るシビアで競争社会の厳しさを感じることがよくありました。アイマスKRにはまった今、やはり韓国のアイドルの競争の厳しさをひしひし感じつつも、こんなに肩入れしてしまうほど好きになる韓国のアイドルは久々だし、何かの縁だから、今度はちゃんと見届けていたいなという気持ちになりました。そういう気持ちとか、日本のアイドルドラマとくらべてこういうところが面白いよっていうポイントを記録しておきたくて今回の本を作りました。
アイドルマスターの1作品としてみている方と、KPOP新人アイドルとして見ている方と、色んな方が入り混じっていてとても興味深い異文化交流となっているあいますKRの界隈ですが、私は好きなアイドルのひとつとして楽しく応援しています。ドラマの配信される毎週金曜日が楽しみです。
当のコミティアでは、アイマス好きだけどKRってどうなの?と聞きに来てくださる方がちらほらいて、今までのうちのサークルでは基本的にアイドル好きの方が寄ってくるタイプのブースだったので、とても新鮮で嬉しかったです。違う界隈の人と垣根を越えて色々話せるのは楽しいなと思います。またそういうふうに話せたらうれしいな。コミティアは色んなサークルがキュッとつまっていて、何となく距離の近さや多様性の混在している面白さを感じます。
余談ですがアイマス界隈の同人の人から、二次創作はコミティアで売って良いのかというご指摘をいただいたのですが、カフリはずっと芸能・評論ジャンルで参加してきたので、二次創作と誤解されることがとても新鮮に感じました。この本も二次創作ではなく情報本に近いものなので、カップリングマンガみたいなのを期待してた方は期待に添えないと思います。ごめんなさいね。

夏コミ、コミティアの新刊はこちらから通販出来ます。
KR本の再販は数冊だけですが9/8(金)からスタートできればと思っています。
indigoproducts.booth.pm

アイマスKR、アイドルオタクの方はハマる要素がとっても多いと思うのでぜひamazonプライムで見てみてね。
最初2話くらいまでは韓国ドラマのフォーマットが強いのですが、4話くらいまで見るとオーディションがはじまって、のめりこんでいく程面白くなるのでぜひ!

そしてこの8月のイベントラッシュ、アイドルフェスラッシュをすべてこなしていたら身体が結構な壊れ方をして、風邪を引いたりアレルギー症状が急にひどくなったり浮き沈みを繰り返していて、このブログをまとめるのも2週間くらいかかってしまいました。9月は少しずつ体をいたわってやっていけたらと思います。つきあってくれたヲタ夫やサポートしてくれるマネージャーさん、カフリの相方のめいかさんにはいつも感謝しています。ありがとう。

そしてなによりスペースにいらしてくださったみなさま、お会いできてうれしかったです。
次回は11/23の文学フリマでお会いしましょう。

f:id:dovrounoc32:20170903071445j:plain