フリーランス漫画家の裏日記

とあるアイドル好きの漫画家の日記とちょっとしたぼやき。

ヲタ夫婦の日記(7月末~8月上旬)

7月末

自宅にいながらにして、ヲタ夫は単身赴任中の夫を持つ妻のような生活を送っていた。

藍さんの芸能音楽研究部・第2回の主宰と準備により、私はしばらく自宅と事務所を泊り込んだり往復したりあわただしく過ごしていた。本職が忙しそうだったヲタ夫も、深夜に着替えを車で運んで来たり協力的でありがたかった。

8月8日

この日ヲタ夫は夕方からTIFへひとりでおでかけ。芸音研の影響で原稿作業が大幅に支障をきたして事務所に缶詰の日々だった私は、7日の昼から夕方のみTIFに行けたが、ヲタ夫はこの日疲れから一日寝て過ごしてしまったらしくTIFは結局バラバラに行くことに。
私は久々に小林晏夕ちゃんと握手できたり、ミルクセーキのTIFラストのステージをいいコンディションで見れたり、とても楽しかった。
関係ないのですが、ヲタ夫はTIFやフェスでかぶっていく帽子がおばちゃんみたいであまりにもダサかったので、以前ソニプラで帽子を買ってあげたんですが、なぜか彼が気に入ったのはリボンのついた女物の麦わら帽子。あまりにも気に入ってた様子にまあいいかとうっかり止めもせず買い与えてしまい、今年のTIFも女物の帽子で行ってきたようでした。女物なので、私もたまに使っている。

8月14日

深夜に、ヲタ夫は急にぶどうの皮をむきはじめた。

 ひとつぶずつ皮をむいて、ミキサーでぶどうジュースにしたかったようだ。
ヲタ夫は果物が好きで、特にストレート果汁のジュースが好物なので、たぶん目指したかったのはそういうやつ。

 結果できてしまった見た目のよくないぶどう汁。

この一連のツイートは、ヲタ夫の素行の面白さをリアルタイムでお届けしたくてしたためていたのだが、ヲタ夫はこのツイートを見て「どうせ自分のことをバカだと思っているんだろう…」といじけだした。バカにするつもりはなく、うちの夫はなんてネタになる逸材なんだと思っていたので、オードリーの若林が春日をスターにしたように、私もヲタ夫を日本一売れたヲタ夫にしたいと思っているだけだが、あまり私の愛が伝わらなかったようだった。

ちなみに、なぜブドウの皮ごとミキサーにかけなかったかというと、液体を濾すためにはサラシのような布で濾すものだと思い込んでいて、うちにはサラシはないから面倒だし皮をむいた方がいいと思ったそうだ。ヲタ夫はたまにそういうおばあちゃんの知恵袋のような常識にとらわれて、結果的により面倒な作業を根気よく挑みだす傾向がある。

見た目はよくなかったけど、ぶどう汁はおいしかったそうです。

 

f:id:dovrounoc32:20160817041940j:plain