フリーランス漫画家の裏日記

とあるアイドル好きの漫画家の日記とちょっとしたぼやき。

取材やご挨拶でたまにへこむこと

フリーランスになってから、作品のための取材や、モチーフの対象には、自分で交渉や許可申請をセッティングするようになった。

私はまだ新人の部類に入る漫画家だと思うので、至らない部分や未熟な部分もある前提で、取材させて頂いてるという気持ちではいるものの、そういう気持ちが空回りする時がある。
 
もちろん漫画を遊びや趣味で描いているわけではないし、思いがあるから思いのある原稿に載せたいという気持ちを一番にしてお願いするのだが、迷惑だが載るなら断らないけど原稿チェックで口出しだけはするからなという態度が見え見えなところもある。
 
私には常時ついていてくれるマネージャーはいないので、お前程度の取材をさせてやってる、描かせてやってるという露骨な態度に出てくる所に自分一人で対峙した時はどうしたってへこむ。
 
私の思いの伝え方に不誠実な言葉遣いがあったのかもしれない。
なにかの素振りで、横柄に見えたのかもしれない。
取材先のネームバリューや数字目的のハイエナと誤解されたのかもしれない。
そもそも無理筋だったのを私が読み違えてお断りな場所に来てしまったのかもしれない。
 
何が原因なのか、
考えてもキリがないけど、
家の中で脳内の妄想だけで完結する作品を続けていると行き詰まってしまうし、世の中の面白いことは現実の世界で起こっているから、私は外に出て取材するんだと、自分で作品のために決めたことだから、
今日も折れそうになったけど、
まだ頑張ってみようと思う。
広告を非表示にする