読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス漫画家の裏日記

とあるアイドル好きの漫画家の日記とちょっとしたぼやき。

美来ちゃんの10代最後の冒険:伊藤美来 1stソロライブ「Miku’s Adventures 2015」

10月は伊藤美来ちゃんのファーストソロライブにお邪魔してきました。このソロライブ、とても作りこまれたライブでした。ちょっと語るのが野暮なんじゃないかなと感じるくらい見にいった誰もが楽しめて熱気がすごくて、完成されたライブだと思ったのでレポするか迷っていたんですが、美来ちゃんのメモリアルグッズの発売もつい先日行われましたので、記憶が色あせないうちに感じたことをまとめておきました。

でも、美来ちゃんに関してはお仕事での関わりも深かったので、冷静な観客というより近所のおばちゃんのような目線になってしまいました。その点ご容赦頂ければ幸いです。

※お写真はマイナビニュースさんから引用させていただきました

f:id:dovrounoc32:20151230211525j:plain

今回の「Miku’s Adventures 2015」は、アリスをモチーフとして細部まで一貫したコンセプトを感じる作りこみ方をされていました。

写真からも感じられるように、アリスモチーフの衣装のすべてがかわいいんです。
スタイルキューブさんのライブでは3着の衣装替えをすることが多く、その子一人一人にあったデザインとクオリティをいつも楽しみにしているんですが、今回は特にモチーフの細かさが際立っていたなと感じました。

腰部分の時計盤のプリントや、あちこちにあしらわれた「EAT ME」などのアリスの作中に出てきたセリフの引用など、見れば見るほど新しい発見がある衣装になっています。

f:id:dovrounoc32:20151230211548j:plain

会場でも興奮が伝わったこのウサギの衣装は破格の可愛さでした。かぼちゃパンツにボーダーのキュロット地という細部のディティールがかわいくてすばらしい。。!

f:id:dovrounoc32:20151230211534j:plain

印象的だったのは、熱狂に包まれる観客席の生き物のようなモッシュと、それをコントロールしている19歳の美来ちゃんの異様な空間でした。
会場の熱気に負けず、あんなに華奢な姿で自分の曲を歌いあげて、盛り上がるお客さんをうまくコントロールしている姿は本当にそういう魔法使いのようでした。

お客さんを厄介扱いしたり、コントロール不能に陥って後ほど「運営からのお知らせ」が出るパターンなどいろいろ見てきましたが、自分の魅力と振る舞いで観客をどうにでもできちゃう美来ちゃんは芯の強い子だなと、彼女の性格を感じる一幕もありました。

f:id:dovrounoc32:20151230211605j:plain

最初にお会いした時は、十代のかわいい女の子という印象でしたが、たまに一緒に仕事を通してドキッとするくらい大人びた表情をみかけることもありました。
女の子の成長は早いと聞きますが、ソロライブを見事に成功させた姿を見ると、もうこの後はすぐに大人になってしまうのかなと感慨深くも思います。

ただ、その後行ったのっちのクリスマスライブでは、のっちの作ったケーキをみくもえが一瞬でたいらげてしまうという子供っぽいエピソードもあったので、まだまだかわいくてちょっとやんちゃな年相応の姿を見せてくれるのかもしれません。

f:id:dovrounoc32:20151230211616j:plain

特撮コーナーや細胞プロミネンスを歌って踊る姿を見て感じましたが、
美来ちゃんは見た目の華奢さや可憐さとは裏腹に凛々しい表現の引き出しが多い気がしました。細胞のサビの歌詞で「身体中の細胞たたき起こすんだ」の時に心臓を拳でたたく振りがあって、これは美来ちゃんのオリジナルの振りなのですが、なんてカッコイイことを思いつくんだ…と感動していましたが、これはきっと特撮好きという趣味から来ているのかもしれませんね。

StylipSの大好きな曲もセトリに入ってたりとても楽しかったひとときでした。
美来ちゃんの今年のご活躍を応援しています。

news.mynavi.jp

広告を非表示にする