フリーランス漫画家の裏日記

とあるアイドル好きの漫画家の日記とちょっとしたぼやき。

2015/9/22 TOKYO GIRLS' STYLE presents LIVE PARTY 2015

f:id:dovrounoc32:20151005033015j:plain

先日duoで東京女子流のワンマンを見てきた。
最後に見たのは渋谷公会堂、もしくはISMRだった気がするので、半年くらい間は空いてしまったけど、東京女子流はデビュー以来定期的に見に行っている現場のひとつ。

ざっくりした感想は以下の通り。

  • セットリストがとても良かった。女子流の定番や盛り上がるナンバーを揃えつつ、加速度といった最近の名曲も織り交ぜた私のような昔からのファンでも新規でも楽しみやすい構成だった
  • あぁちゃんの声がないのが寂しい。
  • 数曲続けてMCをはさむスタイルは女子流特有の流れだなと思ってたけど、他のアイドルのライブに行った時、女子流ならこの辺で2回目のMCが来るころだなと自然と考えている自分がいるのでインターバルとしてもセトリの調整時間としても適切なんだなと改めて感じた。

f:id:dovrounoc32:20151005033810j:plain

今回の見どころのひとつ、めいてぃんソロのillusion。
壁を使って隔たれた二人の気持ちを表現するのは、彼女が見に行ったflowerの「花時計」ライブツアーの「青いトライアングル」での中島美央ちゃんのステージへのインスパイアを感じる演出だった。
サビがボイスチェンジの口パクになってしまうのは全体の流れから見て良い声出てるめいてぃんにもったいない気もしたのでバランスが必要なのかな?

総合的に感じたのは、東京女子流の総合力の高さとライブで鍛えた場数の強さによるエンターテイナー精神の素晴らしさ。
1部アンコール後、途中で音響トラブルで音楽が止まってしまった中、アカペラで全員で歌いきる姿が力強くて自然と客席から手拍子が湧きあがる姿や、ひっとのマイクが電池切れでならなくなった時に全員でボーカルをサポートする姿勢に危なげがなくて、東京女子流は全員で東京女子流であって、どんなステージも乗り越えていけるんだという明確なメッセージを感じた気がしたライブでした。

次回はあぁちゃんの姿も見れたらいいな。

ブログ画像はnatalie.mu様の記事より引用させて頂きました。