フリーランス漫画家の裏日記

とあるアイドル好きの漫画家の日記とちょっとしたぼやき。

2015/10/05 アーススタードリーム第三陣公演

f:id:dovrounoc32:20151005040830j:plain

先日、以前からお世話になっているアーススタードリームの皆さんの定期公演に伺わせて頂きました。

国立音楽院ホールという専門学校のようなところにあるホールで、音楽室のような設備や学食のようなロビーもありつつ、ハコ自体は普通のライブハウス風でとても面白い初体験のハコでした。

ざっくり感想

  • ゆきちゃんのあの線の細い容姿と華奢さから想像もつかないようなしっかりとした声量に驚いた
  • かのんちゃんのピアノはライブハウスでの出し物にしちゃいけないほど高い技術のコンサートレベルで感動した。会場全員が完全沈黙で奏音ちゃんのショパンに見惚れていた。
  • ひかるちゃんの癒し系笑顔と猫4匹
  • ありさちゃんのリーダーとしての存在感と空気を読んだしっかりさで安心する
  • まりあんぬのももクロばりの一生懸命なダンス、情熱を感じて、そりゃあ終わった後涙も出ちゃうよなあと感じるくらい一生懸命で応援したくなる。

 ありさちゃん、Qunkaの振付もされていたそう。メンバーがしたと思えないくらい創意工夫にあふれた完成度の高い振付でした。

セットリストで曲がたくさんあるという印象ではなかったんですが、それが逆に丁度よくて楽しかったです。ノンストップやボリュームの多いアイドル現場に慣れてしまったせいか、このくらい密度の濃い曲を集中して3,4曲聴いてスライドありのMCをはさむ、というスタイルが集中を切らさず余裕を残して見れてとても良かったです。

曲はてーきゅうの曲がほとんどだと思いますが、てーきゅうの曲って早回し風のせりふや変拍子、転調が多くて、まあ踊りながら歌うのに向いてる曲ではないと思うんですね。でもフォーメーションチェンジはあるわ歌ってる時もポージングが多いしステップずっと続いてるしで、声優系のアイドルグループとは思えないくらいガチで真っ向勝負の振付に驚いてしまいました。そしてそれについていけるだけの踊れるメンバーもちゃんと数人いて、初期のももクロちゃんのようなライブへのひたむきさと全力感があってすごく応援したくなりました。

狙ってるわけではないのでしょうけど、メンバーが変にキャラを作ってしゃべったり、コンセプト上言ってはいけないことの縛りがあまりなくて、自由に素のまま喋ってる姿がとても好感を持てました。それは私が最近のコンセプト勝負のアイドルを見すぎてしまったからゆえの新鮮さだったのかもしれませんが;;メンバーみんな若いのにしっかりしてて楽屋挨拶とかもきちんとしてるのが本当に推せます。

今、この規模感であったかい空気とオタクのみなさんが作ってるライブ感が出てるのはすごく幸せな状態の現場なんだろうなと感じたので、次の第4陣も決まったらぜひ遊びに行きたいです。

 オタクの皆さんのお花があったかいですね。

広告を非表示にする